アンテナ工事の流れ

テレビを置く場所は決める

アンテナを設置するためには業者に依頼するのが一般的です。
しかし業者に依頼してもいきなり工事に取り掛かるわけではありません。
まず、設置する先がどのような住宅かを事前に調査します。
電波強度などを確認し、増幅器が必要性を検討します。
調査が終われば見積もりを出します。
設置場所やオプションによって料金が異なります。
見積もり無料の業者もあります。
見積り内容に問題がないなら、アンテナ設置工事を行います。
設置工事のあとテレビが映るかどうかを確認しますので、テレビを設置する場所をあらかじめ決めておくとよいでしょう。
配線の長さや分配器が必要かどうかを業者に聞かれることがあります。
テレビが問題なく映れば、無事工事は完了です。

アンテナ設置の注意点

アンテナ設置工事の見積もりを出すときに主なものは、配線、設置場所、防水加工です。
設置工事の事前調査では電波測定を行います。
測定結果からケーブルの長さやアンテナの設置場所、テレビの配線を決定します。
設置場所については屋根、ベランダが多いですが近年は建物の外観を損なわないように壁面や屋根裏に設置する、「デザインアンテナ」の需要も高くなってきています。
アンテナは基本的に外部に設置するものですので、風雨の影響を受けます。
アンテナを屋外に設置する場合、防水接栓という部品をつけるか、テープで加工するかが風雨対策になりますが、防水接栓を使用する方が耐久性が高いです。
細かいことですが、数年後の出費を抑えるなら、あらかじめ業者に確認しておきましょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ