アンテナがあるからテレビが映るんです

アンテナはテレビを見るためには必須

アンテナは電波を受信する器材です。
家庭でテレビを見るためには、各放送局が送信する電波を受け取る必要があります。
その、受け取るための装置がアンテナなのです。
ですので、テレビを買ってきて電源をつないだだけでは、テレビを見ることは出来ません。
アンテナを設置して受信した電波をテレビに送ることで初めて、番組を見られるようになります。
パソコンを買ってきて、電源を入れただけではインターネットは出来ませんよね。
LANケーブルをつないで、ネットワークに接続しないとホームページは見られないのと同じです。
ところで、テレビの放送といっても「地上デジタル放送」と「衛星放送(BS・CS)」がありますよね。
放送の種類が違えば、必要なアンテナも違ってきます。
地上デジタル放送を見るには「地デジアンテナ」、衛星放送を見るためには「BS・CSアンテナ」が必要なのです。

地デジ?BS?CS?

高いところから外を見渡すと、屋根の上に「魚の骨のようなもの」と「大きいお皿のようなもの」が見えるでしょうか。
結論から言うと、魚の骨が「地デジアンテナ」でお皿が「BS・CSアンテナ」です。
地上デジタル放送を見るためには「地デジアンテナ」が必要で、テレビ塔や送信所に向けて設置します(向きは業者の方が調整してくれます)。魚の骨のアンテナはUHFアンテナとVHFアンテナがありますが、地上デジタル放送を見るにはUHFアンテナ、FM放送等を受信するならVHFアンテナを使います。
地デジ放送と合わせてBS・CS放送も見たいならは、「BS・CSアンテナ」も設置します。
BS・CS放送のことを衛星放送というのは、人工衛星を中継して電波を送信しているからです。
BS放送とCS放送は別々の人工衛星を使っていますが、現在は共用のアンテナが一般的ですので、1つのアンテナを設置すれば、BS・CS放送を見ることができます。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ