アンテナがあるからテレビが映るんです

アンテナという言葉は知ってるけれど、何をしている物かは知らないという方も多いのではないでしょうか。 簡単に言うと、テレビの電波を受け取る器材がアンテナです。 しかし、受信する電波、つまり見たい番組によって必要なアンテナは違ってくるのです。 ここでは、アンテナの基礎知識について、まとめています。

増幅器、分配器、分波器とは

テレビアンテナに限らず、機材の設置を業者の方にお願いするときに、専門用語がわからず困ってしまった経験、ありますよね。 業者の方には当たり前の単語でも、普通に暮らしていたら知らない、ということは多いはず。 テレビアンテナを設置する際の周辺機器とその役割について、ご紹介します。

アンテナ工事の流れ

アンテナ工事は自分で行うこともできますが、自分でするには、必要な機材を揃えたり、向きや設置場所を考えたり、電波強度を測ったりと大変。 専門知識がないなら業者に依頼する方が安心です。 業者にお願いした場合の、工事の流れやオプションについて、見ていきましょう。

アンテナの基礎知識

話題のドラマや気になるニュース、アニメーション、選挙報道、ショッピング、バラエティなど、毎日たくさんの情報を提供してくれる、テレビ。
インターネットで済ませてしまう人も増えてきましたが、やっぱりテレビは便利ですし、ないと困ることもあります。
なによりテレビが見られるのと見られないのでは、家の中の賑わいが全然違いますよね。
毎日の番組を見てるだけで話題が尽きないものです。

そんな、生活に不可欠なテレビですが、買ってくるだけでは見ることができません。
「アンテナ」を設置しなければ電波はテレビまで届かないのです。
また、アンテナの設置が上手くいかないと、テレビは映っても画質が悪くなったりします。
テレビの画質が悪いのは、ソファの座り心地が悪いようなもの。
ドラマのいい場面で画面がいきなりブレた、なんていきなり現実に引き戻されてしまいます。
せっかくテレビがあるのに100%の性能を発揮できないのは、もったいないですよね。
アンテナ設置は通常、専門の業者に依頼しますが、アンテナのことなんて全然わからないし、ましてその周辺機器となるともうさっぱり…、という方も多いのではないでしょうか。
自分が無知だったばかりに、業者の方の説明が理解できず、後から考えると余計なオプションを依頼してしまった経験、ありませんか。

そこで、本サイトではアンテナの基礎知識から、関連する器材、設置工事を依頼した際の工事の流れについてまとめました。
快適にテレビを見ることができる生活のために、後悔が無いよう本サイトをご活用くだされば幸いです。